FC2ブログ
【平成26年6月県議会定例会】

日本国憲法を守る

集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書を提案
<提案内容> 
 「集団的自衛権の行使は、憲法の許容する自衛の範囲を超えるものであって許されない」としたこれまでの歴代の政権の憲法解釈は、国会での長年の議論を通じて定着した、いわば政府と国民の合意となっている。
 個別的自衛権の行使については、我が国への攻撃があることという明確な基準があり、海外派兵はできないという武力行使に関して明確な歯止めがあった。しかし、この度の閣議決定は、海外での武力行使を無制限に拡大する危険性がある。多くの国民は、他国同士の戦争に巻き込まれるのではないか不安を抱いている。
 本閣議決定は、日本国憲法の基本原理である平和主義を否定するものである。憲法の本質は、政府の権力行使を制限するところにあり、憲法の解釈変更で基本原理まで改変することは、立憲主義の基本に反し、到底認めることはできない。よって、国においては、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定を撤回するよう強く求める。

<採決結果> 
 議長を除く議員32人中、意見書に賛成14人   反対18人
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/80-ae02bfd2