上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以下のとおり、県政報告会を行いました。

  ◇日時 : 6月3日(日) 午前10時30分~
 ◇場所 : 倉吉未来中心セミナールーム3
 ◇県政報告 興 治 英 夫
 ◇ミニ講演 湯原俊二衆議院議員 「社会保障と税の一体改革とは」
         川上義博参議院議員 「時局に立ち向かう」



県政報告会写真



 当日は大勢の方々にご参加いただき、ありがとうございました。会場のいすや余分に用意した資料が足りなくなり、ご来場いただいた方にご迷惑をおかけいたしました。


県政報告会写真2

 社会保障と税の一体改革がどうなるのか、また与野党協議の行方や衆議院の解散の可能性、新しい政治勢力の動きなど、政局はどう動くのかなどについて、皆様の関心の強さがうかがえました。

湯原議員 川上議員


 民自公三党の協議が整い、消費税増税を含む税制改革の法案が成立する見込みとなりました。
が、民主党政権は、政権交代を実現した衆院選マニフェストの実現に、とことん努力したといえるでしょうか。確かに衆参ねじれ状況で、法案の成立のためには野党の協力を得なければならず、マニフェストどおりの政策を実現するのは困難です。そういう中にあっても、マニフェストの政策項目の7割以上は、着手済み以上になっているという報告もあります。
  しかし、政権運営がしっかりしていれば、まだまだ実現できたのではないか、もっと信頼される政治ができたのではないかという気がします。鳩山政権の普天間問題にみられるような政権運営のまずさが、法案の成立を遅らせ、国民の期待を裏切ることになった面があるのは、否めないと思います。

 ギリシャのように日本国債が暴落する恐れがあるということは、否定できないかもしれませんが、主要なマニフェスト政策が一部実現できていない中で、消費税増税を図ることは、有権者の納得を得にくいことです。
 消費税増税の前に、まずマニフェストの実現にとことん取り組んでほしかったと思います。

 民主党はこれからどうなるのかわかりませんが、たとえどうなろうとも、私はまじめに一生懸命県政に取り組み、県民の皆様、倉吉市民の皆様の生活の向上のために、努力していきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/49-9be3789f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。