FC2ブログ
【6月県議会 おきはる英夫の質問】 

□県立美術館建設に県民意見の反映を

1 県立美術館の広報広聴窓口、倉吉市に設置を
<質問>
 県立美術館は、美術愛好家いかんにかかわらず、広く県民に親しまれ、愛され、大いに利用されなければならない。中部では美術館建設を盛り上げ支えようと、官民59団体でつくる「県立美術館と歩む中部地区の集い協議会」が活動しているが、美術館建設の内容について意見交換したいが、身近にそういう窓口がないという声を多く聞く。美術館についての県民の関心を喚起し機運を醸成したり、県民意見を吸収し事業に反映するための、広報広聴窓口を、倉吉市内の中部総合事務所に設けてはどうか。

<知事答弁>  
 倉吉市内に窓口設置をという気持ちはよくわかるが、県庁の県民課、博物館、中部総合事務所で相談を受けることができるし、要望については倉吉市でまとめてもらって、県で受けることもできる。

<教育長答弁>  
 県立美術館と歩む中部地区の協議会の各部会に県も参加し、意見交換をしている。またワークショップなどを開催したり、出前説明会に出向いて、美術館の基本計画を説明し意見も聞いている。現在、PFI(※1)事業者の選定作業を進めており、調整事務をはじめ膨大な事務量があるので、今しばらくは県立博物館の中に美術館準備室を置いて、対応していく必要がある。中部総合事務所の地域振興局に、美術館についての窓口的な役割を担ってもらっており、緊密な連携をとっていく。
(※1)PFI・・・公共施設の整備に民間の資金や技術力、経営能力を活用する手法。


<追及質問> 
 県立美術館を応援したい、中部で機運を盛り上げたい、あるいは全国で最後の県立美術館なので全国に誇れる良いものにするため主体的に参加したいなど、あふれんばかりの気持ちや意見を持っている方々がいるが、そういう気持ちをぶつける場が中部にはない。もう一度ご検討いただきたい。
  教育長は、今しばらく県立博物館の中に美術館準備室を置いておくという答弁だったが、それならいつかは中部に何らかのものを設けるということかと思う。いつ頃どのようなものを設けるのか。また中部総合事務所の地域振興局が窓口機能を果たすとのことだが、それなら美術館について一定の知見のある方が配置されていなければならない。現状で対応できるのか。できないなら、知見のある方を非常勤で公募して配置してはどうか

<知事答弁> 
 中部で情熱のある方が美術館に関わる仕掛けづくりが必要というのはその通りだ。これから地元と共同で作業していかねばならないが、美術館と歩む中部地区の協議会ができたのは大きい。県民立美術館に向けた地域ネットワークづくりの助成制度もつくったので、大いに活用してほしい。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/212-1f7f909d