FC2ブログ
3 被災文化財の復旧、修復支援を研究

<質 問> 
 中部地震で被災したこともあり、小川家の建物や庭園の修復には多額の費用が掛かるため、資金の捻出に苦慮されている
 文化遺産の復旧事業として、県指定文化財の場合、補助率が県50%、市町25%で、所有者負担は25%となっているが、観光拠点として保存活用計画を前に進めるために、地震で大きく被災したという事情を考慮し、県の補助率をかさ上げしてはどうか。かさ上げがあれば、ほかにも倉吉市内で被災した県指定文化財の、長谷寺本堂・仁王門や高田家住宅・醸造施設、桑田家住宅・醤油醸造施設なども復旧、修復、保存を進めやすくなる。

<教育長答弁> 
 国の指定文化財については、災害の場合にかさ上げの措置があるが、県指定文化財については、現段階では補助率の加算は行わない。災害の場合の修復については、所有者の考えや実情、市町村の考えなど伺いながら、国の制度も参考にして、どんな支援が可能か研究したい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/197-b118cf71