新規就農にあたっての農地問題の解決を

1 適切な農地が見つからない。新規就農者との意見交換から
<質 問> 
 倉吉市内の新規就農者と意見交換する機会があった。スイカ、キャベツなどの畑作だが、耕作する農地を見つけることができないという問題がある。就農研修を受けたが、農地が、見つからず撤退したケースもあったよう。農地中間管理機構や農業委員会にも相談したが、適切な農地を見つけるのは難しく、両者の連携もうまくできていないように感じたとの感想も聞いた。
 農林水産商工常任委員会の出前県議会で、農業担い手育成機構の理事長からも、適切な農地を探すことの難しさについて伺った。「住居と作業場とハウスは連動しており、この3つが良い条件でそろわないと新規就農はうまくいかない。良い農地は地元との付き合いを続けていく中で順次出てくるものであり、急に求めてもすぐに出てくるものでない」とのこと。新規就農者の農地確保に難しさがあることを実感した。
 農地確保の課題解決なしには、新規就農者を増やし地域の農業を守っていくことにつながらない。知事はどのような認識をお持ちか、また、どのように解決されるのか。

<知事答弁> 
 農業の場合は農地がなければできない。現実には使える農地、特に新規就農者が使いやすい農地が提供できるかどうかという点が、非常に課題だと思う。
 本県の場合、年間60名ほどの新規参入者がおられるが、担い手育成機構を活用し県、地元市町村、農業委員会やJAの協力も得て、連携プレーで優良農地を選定し斡旋するということをしており、平成28年は44名が新規就農で農地斡旋を受けられた。その数は全国で最多だ。また「やらいや果樹園事業」のように、耕作を止められる方から次の方へと受け渡すときの荒れ地の再生事業など、県単独事業も含め手当てをしている。農地の受け渡しは一定進んでいるが、毎年60名ほどの新規就農者があることを前提とすると、まだ不足感はあると思う
 単に農地を斡旋するということだけではなく、アグリスタート研修やインターンシップの農業版のように、土地に入ってそこでの人間関係も作り村の仕事に慣れていただくよう、こうした対策を強化していきたい
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/174-2f129290