上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 10月21日に発生した鳥取県中部地震により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 
 発災後、各小学校に開設されている避難所や梨の落下被害にあった果樹園、被災家屋、被災墓地、被災した県立施設、JAの選果場やライスセンターを訪問しました。
 避難所では要介護状態のご両親を福祉避難所の方で受け入れていただくためのお手伝いをしました。また、現在住んでいるアパートが被災したため新たに住まいを探さなければならない方からお話を聞き、知事にもそのことを伝え、県営住宅の募集を紹介したり、民間の賃貸住宅のあっせんなどの相談を受け付けている安心賃貸支援事業の窓口を紹介したりしました。
 自宅の宅地が被災したため住み続けることができない方もあり、次の住まいが見つかるようお手伝いをするとともに、被災者住宅再建支援補助金による支援ができないか調整しています。
 
 被災者住宅再建支援補助金は、従来は家屋の半壊以上が対象でしたが、今回の地震では屋根瓦の損傷などが数千という規模で発生しているようです。そこで地域のコミュニティーを守るため、一部損壊も補助の対象とすることになり、全壊、半壊、一部損壊を対象に30万円から300万円の助成をすることとなりました。また損壊率10%未満の軽微な損壊に対しても1万円から5万円の支援金を交付することとなりました。
 
 いずれの場合も市町村による罹災証明を受ける必要がありますので、各市町村に相談してください。また罹災証明の必要性や手続きなどについて、被災者に十分に情報が届くよう知事に要請しました。

 晩生梨も出荷を目前にして大量に落下してしまいました。
 落下梨を「訳あり品」として出荷するとのことですが、被害割合と被害額が大きいので何らかの支援が必要と知事に訴えました。知事は給食センターなどに運送するための費用を助成するなど、知恵を出したいということでした。
 JA鳥取中央の選果場やライスセンターも被害を受けています。復旧には相当の費用がかかりそうで、平井知事は10月27日に国の特段の支援を要請するため上京しますが、県独自の支援策も検討するよう担当課に求めました。

 これからも現場に出向き被害の状況をしっかりと把握して、必要な対策を求めていきます。皆様の要望やご意見をお聞かせください。
                                
                                                         鳥取県議会議員  興治英夫



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/136-031e2af8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。