上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆昨年度の活動で、こんなことが実現できました①

①中山間地を支える水田農業支援事業
 中山間地などで、認定農業者や集落営農組織などの担い手農家以外であっても、農地の所有者が高齢化し農作業の継続が困難になった農地を受託するなどして、地域の農業の維持に取り組んでいる中・小規模農家に対して、機械購入などを支援する制度がありません。そこで中山間地の多い鳥取県の農業や集落を守るために、支援制度を作ることを求めました。
 県の農林水産部では、倉吉市の大河内など中山間地集落に出かけ意見交換を行い、4月から新たな支援制度として「中山間地を支える水田農業支援事業」ができました。


                県議会レポート20表


②放置されている果樹棚撤去や竹林の伐採を支援する事業
 高齢化により梨生産をやめた果樹園の果樹棚がそのまま放置され、竹が侵食し土地が荒れている例が多くあります。果樹園跡地を有効活用するためには、果樹棚を撤去しなければなりませんが、撤去費に対する支援制度がありませんでした。そこで支援制度を作ることを求めました。
 原木しいたけのブランド化を進めるため、原木となるクヌギ林を作る場合に、果樹棚を撤去したり放置竹林を伐採する費用に対して、県と市町村で補助率10分の9で支援する制度ができました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/123-c6cbda98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。