上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆関西広域連合議会の質問要旨
 鳥取県議会から選出された議員として、平成27年9月及び平成28年3月の関西広域連合議会定例会で行った質問の概要です。

【平成27年9月定例会】
①関西3時間圏域の実現について
 鳥取県中部では直通列車でJR新大阪駅まで3時間台でアクセスできるが、本数が少ないため、長い時間調整が必要となり、乗換の場合は4時間かかる。鉄道の増便や運転区間の延伸など、既存のインフラを有効に活用することによって3時間圏域という目標を達成することができる。そのために、JRなど関係機関との協議を深めていただきたい。
 また、鳥取県では、フリーゲージトレイン方式による智頭・因美線ルートと伯備線ルートの高速化調査に着手しており、この調査結果を元にJR線高速化の方向を定めていく。具体化には兵庫県をはじめ、関西広域連合の力強い協力をお願いしたい。

【平成28年3月定例会】
①関西中心部から鳥取県などの周辺部への観光誘客について
 国際観光について、外国人宿泊者の関西中心部への偏在は一層顕著となっている。大阪府、京都府では、慢性的に予約が取れない状況だが、奈良県、和歌山県、鳥取県など、周辺部では宿泊施設での稼働率は低く、これら集客の偏在を是正することが必要だ。そのため、関西国際空港でインした観光客を、広域連合内の地方空港でアウトする広域観光ルートを設定し、周辺部での宿泊を伴う旅行商品を開発するべきだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://okiharu.blog48.fc2.com/tb.php/122-95336d42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。