FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月県議会 質問ダイジェスト

米生産、水田農業を持続可能とするために
1 国の米政策改革に対する見通しは
<質 問> 
 県内の認定農業者の方たちと話す機会があった。平成30年からの米の生産調整に対する国の関与の廃止、米の直接支払い交付金7500円/10aの廃止という国の米政策改革について、先行きが見通せないことなど、大きな不安感を持っておられた。国は主食用米の生産量を減らすため、飼料用米への転作拡大を進めてきたが、それを野菜など収益性の高い作物に転換を支援する政策にシフトすべきだという指摘を財務省がしており、米政策改革の先行きに不透明感もある。生産調整に対する国の関与がなくなれば、米の価格の下落につながりはしないかと心配されている。米政策改革について、知事はどのような見通しを持っておられるか。

<知事答弁> 
 国は過剰生産県に対して米の需給調整をするようキャラバンに出ており、トータルでは米の生産過剰にはなっていない。国全体での需給バランスが崩れてしまうと一気に米価が下がってしまい、中小農家を中心に農業が営むことができなくなってしまう。そうならないよう国の責任をしっかり果たすように今後も求めていきたい。
スポンサーサイト
2 これからが大事な県立美術館  
 県立美術館の倉吉市でのオープンは7年後(平成36年度)の予定です。倉吉未来中心や白壁土蔵群など、倉吉市をはじめ中部地区の地域資源との相乗効果が発揮され、県民に愛される美術館とするため、これからもしっかりと取り組んでいきます。倉吉市及び東伯郡の皆様には、建設前から、県立美術館の応援ボランティアや機運の盛り上げにご協力をお願いします。

基本構想の概要
(1)基本方向の中の特徴的な視点
学校教育・社会教育と連携して、全国・世界に誇れる「美術を通じた学びの拠点」を目指し、各地から多くの人に訪れてもらい、新たなファンを増やすものとする。
地域に根差し、県民のアイデアと愛情で運営される「私たちの県民立美術館」とする。  

(2)施設規模と建築工事費
①延床面積:12,000㎡程度。
②建築工事費概算額:約70億~100億円程度(施設規模を圧縮する場合60億~90億円)。
  高齢者、子ども、障がいのある人たちも利用しやすく、様々な人の交流拠点となる美術館とする。

(3)事業計画
①収集・保管・展示
鳥取県にゆかりのある美術作品の収集保管。常設展示。国内外の著名作家の企画展示以外に、漫画、アニメなどのポップカ
ルチャー展覧会。体感型展示などによる子供向け展覧会。高校生が企画、運営する展覧会など。
②教育普及
障がいのある方も参加できる講座や、体験教室。小学3(4)年生全員を対象に年1回の鑑賞、落書きイベント、対話型鑑賞など
の子ども向けのプログラム。
③地域・学校・県民との連携
県民の創作発表機会の提供。国内外の作家による製作発表。ボランティアスタッフの活動。学校授業での美術館活用の相談・
支援。美術を通じた学びを研究する美術ラーニングセンター。各学校に美術館連携教員の配置。

(4)年間の利用見込と運営費
    
利用者数約20万人。 運営費約3億9千万円。

(5)整備運営の手法の検討  
指定管理者(管理部門のみ、学芸部門は県直営)及びPFIの検討。

(6)今後の進め方    
交通アクセスの利便性を向上させるための対策など。

□基本計画の策定とPFIの検討(平成29年度)□   
 平成29年度は、基本計画アドバイザリー委員会での議論を経て、美術館の機能や施設計画、管理運営計画、事業費などの整備基本計画を策定します。合わせてPFI(公共施設の建設、運営を民間事業者に任せる手法)の導入可能性調査も行います。


「人と地域を守る力になる」

 中部地震からの復旧が進んできました。事業者や地域の方々の中には、復旧から新たな事業の展開や地域づくりに踏み出そうとしている人たちもおられます。一方、自宅の改修が進まなかったり、仮住まいの公営住宅から次の住まいに移れない方もおられます。すべての人が次の一歩を踏み出せるよう、私は支援を続けていきます。気軽に声をかけてください。
                                                               
                                        2017年8月 興治 英夫


【特集 県立美術館建設の決定プロセスと今後】

1 美術館建設に向けたおきはる英夫の取り組み 
 平成27年度より検討されてきた県立美術館の基本構想がまとまり、建設場所が倉吉市営ラグビー場に決まりました。美術館建設については、県議会内で否定論や慎重論がある中、私は「是非、推進すべき。県内どこに住んでいても県民が最も訪れやすい中部が最適である」との考えで、定例会のたびに一般質問で取り上げ、県議会での議論をリードし、美術館建設に向け全力で取り組んできました。以下は私の質問経過の概要です。
 
 ① 平成27年11月定例会  
 県民の美術館として、県内どこに住んでいても訪れやすいことを県立美術館の立地条件の一つにすべきことを訴えました。また事務局提案にある「空港の近く」という立地条件については、鳥取、米子空港の近辺に限定されてしまう可能性があり、県外からの利用よりも県民の利便性を優先すべきであるとの理由から、条件から外すことを主張しました。
 その結果、「空港の近く」という立地条件は削除されました

② 平成28年5月定例会  
 県への陳情やマスコミの議論が建設場所に傾きがちで、県議会内には美術館建設に対する慎重論もあったので、改めて県立美術館の必要性について、質問で取り上げました。
 特に、美術館は人を感動させ感性を豊かにし、表現力や自己肯定感、子どもたちの創造力を高めることに役立つこと、また郷土作家の作品を知ることにより、県民自らのアイデンティティーの発見や、鳥取県に愛着や誇りを持つことにつながることを訴えました。知事も同様の見解を示され、美術館は必要だとの議論をリードしました

③ 平成28年9月定例会  
 県議会内に、財政面から美術館建設に否定的な意見がありました。そこで、財政的にも十分にやっていけることを、質問の中で明らかにしました。
 大規模事業を取り止めたり、県職員の皆さんの理解で給与制度を見直してきたことなどにより、県財政は改善してきました。美術館建設の借入金の返済と運営費の支出により、向こう20年間、8億~10億円程度の年間負担額が発生しますが、毎年約2,200億円の一般財源総額で十分吸収でき、財政の自由度を表す経常収支比率は、全国2位から3位になるだけです。よって財政的にも十分やっていけるとの私の財政分析に、知事からも「違和感はない」との答弁を得ました。

④ 平成28年11月定例会  
 13か所あった建設候補地が、候補地評価専門委員会の適地調査により、4か所に絞り込まれました。私は、その検討経過や○、△、×で表された評価結果を、建設場所についての県民アンケート調査の参考資料として、県民に知らせるべきだと質問で訴えました。その結果、検討経過について記載されることになりました。

⑤ 平成29年2月定例会  
 アンケート結果を元に、建設場所を倉吉市営ラグビー場とする美術館基本構想がまとまり、知事はそれに沿って建設を進めることを正式に表明しました。 基本構想には、私たちが提案していた美術を通じた学び、対話型鑑賞や学校授業との連携という視点が盛り込まれました。私は、それを実現するために、社会教育、学校教育、特別支援教育、教員の研修を担う教育センターなど、県教育委員会各課にまたがる取り組みが必要だと提案しました。
教育長から、新年度に博物館内に検討チームを立ち上げ、教育委員会事務局の中にも関係課、学校現場も交えた組織横断的なプロジェクトチームを作り、それらをリンクさせながら学校連携について検討し、美術を通じた学びの全国世界に誇れる拠点を目指していくとの答弁を得ました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。